行政書士でどのくらい稼げるのか?

たまにインターネット上で、行政書士は稼げない、行政書士では食べていけないという 情報が目に付きますが、それは明らかに間違いです。
結論から言うと行政書士は稼げますし、実際に年収1000万円を超えている人も数多くいます。

もちろん全ての人がそうだとは言いません。
中には、独立開業したものの、顧客が全く集まらず、廃業に追い込まれた方もいるでしょうし、収入が普通のサラリーマンと同じ、もしくは、 食べていくのもままならない人もいるはずです。
しかしそれは行政書士に限ったことではなく、どの資格にもいえることです。

例えば弁護士だって年収が300万円以下の人もいるでしょうし、1億円超えている方も います。
あくまでも資格は稼ぐための手段に過ぎませんので、実際に稼げるか、稼げないかは、 本人の努力次第です。
資格を持っているからといって、どんどんお金が舞い込んでくるような ことはどの資格にもありえません。

では何故行政書士が稼げるのかというと、その訳は、取り扱える分野が非情に幅広いと いうことです。

ここで行政書士の仕事について確認して見ると行政書士は官公庁に申請しなければいけない、 書類の作成、代理提出を中心業務としています。
例えば、喫茶店を開店したい場合、自動車登録に必要な書類、内容証明の書類、会社設立に 必要な書類など、1万種類以上の書類を取り扱うことが出来ます。
しかも、会社、個人、職種、業種関係なく、あらゆる方面から顧客を獲得することができるので、 マーケットの大きさは計り知れません。
弁護士や医者など特殊な資格を除いて、これだけ幅広い顧客を相手にできる資格はそうはありません。
このマーケットの広さが行政書士が稼げるもっとも大きな要因なのです。

しかも行政書士は独立開業型の資格で、自宅を事務所として開業することができるので、 元手がなくても独立して仕事をすることが出来ます。

あとはあなたの人脈や営業力、またはマーケティング能力を身に付けていけば、 サラリーマンでは稼げないような収入を得る可能性があります。

行政書士は、試験の難易度、仕事内容、将来性など全てを考慮しても今一番お勧めできる資格です。

>>行政書士の実態、直撃インタビュー特集【提供:フォーサイト】


→社会保険労務士でどのくらい稼げるのか?