司法書士でどのくらい稼げるのか?

司法書士は他の資格と同様に年収1千万円以上稼いでいる人もいれば、200~300万程度 の人まで幅広くいます。ですが、社労士や行政書士に比べ、稼ぐことが難しい仕事です。

その理由としては、仕事内容に関係してきます。
司法書士は、「不動産登記」「商業登記」 「書類作成」「訴訟問題の解決」を仕事としていて、その中でメインとなるのが不動産登記と 商業登記になり、これらの仕事相手となる顧客は、かなり制限があります。

例えば不動産登記では不動産業者が相手になり、商業登記なら、法人設立や移転、株式の増資 などの登記業務になりますので、そのような事を検討している会社だけです。

そうなってくると数が限られ、競合相手も多いので、新しく新規顧客を探してくるのは、 至難の業です。
昔から多くの顧客と付き合いがあれば別ですが、これから独立して、 事務所を軌道に乗せるのは、相当な努力と人脈が鍵になってくると思います。

司法書士も独立開業型の資格で、低予算で開業できるので、資金的なリスクがなく、 独立することができますが、顧客の見込みや実務経験がない場合は、 まず法律事務所で修行させてもらってから、最終的に独立を検討するほうが無難だと思います。
司法書士はある程度経験がなければ実務はこなせませんし、顧客との信頼関係がなければ、 すぐに仕事を貰うことが出来ないので、生活していくだけの収入を稼ぐまでは非常に大変です。

ですので、まずは仕事を覚えながら将来顧客になってくれそうな人脈作りに精をを出すくらいの 気持ちでがんばることです。
もちろんその場合は、雇われるという勤務形態になりますから、給料が安く、手取り 20万円くらいしかもらえない方も非常に多いと聞きます。
しかし将来高収入を稼ぐための修行と思い我慢するしかありません。
現実は厳しいですが、司法書士として成功する為には必要なことなので、この資格を検討している方は、しっかりと考えて見てください。

→各資格の難易度