社会保険労務士でどのくらい稼げるのか?

社会保険労務士(以下社労士)は、独立開業するほかに社労士事務所や企業に勤務する 働き方があるので、それによって稼げる額は大幅に変わってきます。
一つの目安として厚生労働省の調べでは、社労士の平均年収は約500~600万になるそうです。
しかしこれはあくまでも平均ですので、勤務形態によって、その差はかなり開きがあると 思って良いでしょう。

社労士の仕事は、各種保険関係の代理手続きや、労働・雇用契約書の作成、人事関係のコンサルティング業務になるので、普通の企業で働く場合は、総務や人事に所属することになります。

この仕事は、営業やマーケティングの部署と違い、直接的に利益を出していくことは、 出来ないので、どうしてもその会社の一般的な給料にならざるを得ません。
そうなってしまうとどんなに自分が頑張っても毎年決まった額の昇給になってしまい、 高額な年収を稼ぐことは難しくなります。

一方独立開業した場合は、仕事を取ってきた分だけ自分の収入になるので、勤務している方に 比べ明らかに年収の開きが出てしまいます。
実際に社労士事務所を開業して、年収1千万円稼いでいる人もいますし、もちろん少ない人も いるはずです。
このように考えると平均年収はほとんどあてにならず、どちらの勤務形態が良いか、 その人の考えによって変わってきます。

ただ一つだけ言えることは、別ページでもお話したとおり、企業に勤務しているからといって、 安定的な収入を稼ぐことは難しくなり、今は給料をカットされる時代になっています。

社労士は、独立開業型の資格になりますので、もし資格を取得すれば思い切って、 独立して、自分のペースで、自分の思うがままに仕事をしていくほうが、 これからの時代は、良いのかもしれません。

もちろん開業したからといって必ず稼げるわけではありませんし、行政書士に比べて、 取引できる顧客が狭まりその相手は、企業だけになりますから、仕事を取ってくるのも 用意ではありません。

しかし現在は派遣のように雇用形態が多様化して人事制度が大きく変わろうとしていますので、 社労務士の需要が高まってきています。
又、社労務士のもう一つの仕事として、年金の請求手続きがありますが、これも今、年金問題が 話題になり、今後こちらの仕事も増えていくことが予測されます。

ですから、この時代だからこそ社労士として、独立してみるのも面白いのではないかと思います。
>>社会保険労務の実態、直撃インタビュー特集【提供:フォーサイト】

→宅建でどのくらい稼げるのか?