宅地建物取引主任者でどのくらい稼げるのか?

宅建で、どのくらい稼げるかという質問に答えるなら、正直わかりませんというべきです。
何故なら宅建は、会社員として活用する場合が多く、年収もその企業によって 変わってきますので、一概にこのくらい稼げるというのは難しいと思います。

例えば会社によっては、1件契約ごとに高額な報酬を出すこともありますし、基本給のみの 会社もあるでしょう。
不動産業の平均年収を調べたとしても、その中には有資格者以外も 入っているので、宅建資格者だけという金額は出てきません。

ただ一つ言えることは、毎月5千円~5万円ほどの資格手当てを支給する会社が多く、 持っていると持っていないとでは、年収に開きが出てくることは確かです。
しかも宅建は物件の売買や賃貸時に、重要事項を説明する専門職で、不動産業ではなくては、 ならない資格で昇進にも影響してきます。
宅建は持っていることでいくら稼げるかというよりも不動産業において宅建を持っていなければ稼ぐことが出来ないといっても良いと思います。

一昔前は不動産業といえば年収が1千万円以上を稼ぎ出している人が多く、高給取りの業界として有名でした。
今は、不況の煽りで、以前ほどまでとはいきませんが、それでも高額な年収を 貰っている人達は大勢います。
その中の多くの人は宅建の資格を利用して、バンバン契約を取り、年収を稼ぎだしています。
つまり、宅建そのものではなく宅建という資格を利用して、社内で自分の価値を高め収入を 稼ぎ出しているということです。
これは宅建の有資格者しか出来ないことですので、年収を稼ぐためには必ず資格が必要に なってきます。

又、宅建のメリットの一つに就職・転職に有利なことが上げられます。
宅建の資格がなければ出来る仕事の幅が狭まりますので、不動産業を営んでいる会社で あれば有資格者は喉から手が出るほど欲しい人材です。

さらに会社によっては業界の経験がなくても資格を持っているだけで採用してくれる ところもありますので、この不況下でいつ職をなくすかわかない時代には、 持っているだけでも、将来に安心感が持てます。

そのほかにも色々メリットはありますが、宅建は、収入を稼ぐチャンスと安定を与えてくれる 可能性の高い資格といえるでしょう。

>>宅建の魅力と将来性を詳しく解説【提供:フォーサイト】


→司法書士でどのくらい稼げるのか?